届いていますか 届いてるよ

えいとぶいすま。ジャニーズが好き

新しい沼に浸かり始めているという楽しいお話

 

ぷるんです。

 

 

なんとなく1ヶ月に1回の更新を目標にしていたので久しぶりになってしまってなんとなく悔しい今です(笑)

 

さて、本日はなんの話をするかと言いますと。

V6でも、関ジャニ∞でも、SMAPでもないお話です。

 

そう。恐ろしいことにまた違う沼のお話です。

 

 

 

さっそく行ってみよう。

これだ。

 

 

f:id:purupurupurun:20180920203656j:image

 

 

ドゥーン

見てよこの顔面!!!!

幼女?!幼女なの?!?!ジャニーズ事務所に幼女って入れるの?!?!

 

 

こちらご紹介いたしますと、関西ジャニーズJr.の

大西流星くんでございます。

 

「勢いはー?西からー! 愛はー?大西からー!!」というとんでもなく可愛い自己紹介を持つ彼。2001年生まれの17歳です。

 

 

 

 

 

きっかけは完全に私の一目惚れでした。

 

ジャニショにて、友人の買い物に付き合ってあまり普段は行かないブースへ。若い子いっぱいだ〜ふむふむ…と見ていると、1枚の写真と目があいました。

 

 

 

「は?可愛い」

 

 

 

上目遣いに真っ赤なあひる口の唇、まるいお顔、ぱっちりお目目。

え、なに、え、え、、、?

可愛すぎじゃない?

 

 

たった1枚の写真で一目惚れしました。びっくりするぐらい、とにかく顔がよかったのです。

「一目惚れは大事にしなさい」という友人のジュニアオタク先生の助言により無事お家へ連れて帰りました。

 

それからの私の何が変わったか。

 

 

①ザ・少年倶楽部を毎週録画に設定した

 

 

デビュー組ヲタでも、一度はプレミアムにお世話になっているであろう少年倶楽部

月の最終週以外はNHKホールにて行われているジャニーズJr.によるライブ(?)が放送されています。

 

ジーコのコーナーや関ジュの歌だけが目的じゃなくて、普通に面白くて毎週見たくなってしまったオチです。

というかジャニヲタならみんな楽しいと思う。デビュー組の歌もガンガン歌うし、なんなら「多分そんな曲誰も知らない……」っていうカップリングの3曲目とかアルバム曲とかもやる。

 

あと、まっったく本家と同じにならないダンスの違和感も楽しくて仕方がない(笑)

毎週金曜日の楽しみになっています😤

 

 

 

②まいジャニ!を毎週録画に設定した

 

 

BSフジで毎週日曜朝9:30からやっている、関西ジャニーズJr.によるバラエティ番組です。

どうしよう、めちゃめちゃに面白い上にはちゃめちゃにかわいい。

 

関ジュがいかにバラエティで鍛えられているのかがよくわかる番組です。

今日の菊地亜美さんとのやつもとんでもなく面白かった。

 

みんな一生懸命にやってるな〜ってのが分かるし、もうそもそも面白いからこれからどうなるのかと心配でもあります(?)

 

 

 

③なんか知らんけど今まで普通に聞いてたはずの曲のブームが来る

 

これは少クラの見過ぎによる効果ですね。

 

前述にもあった通り、デビュー組の歌をジュニアくんがカバーする場合、歌う人が違うのはもちろんダンスも全く異なった新しい振り付けになります。

そこで生まれる違和感でもう一回本人のやつも見てしまう。これは完全に永遠に出られないジャニーズのラビリンスってやつですね…………完全に事務所にしてやられている………いいんだけど……むしろ本望なんだけど………

 

ちなみに今はVのneverをエンドレスリピートしてます。

 

一回りゅちぇ(大西流星くん)がキングオブ男!歌った時なんかもうどうしようってなりました。推しが推しの歌うたとる〜〜〜〜〜〜!!!!というこのどうしようもないエモさ。

是非みなさんにも体験していただきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

とまぁこんな感じで新しい沼で楽しく泳ぎ始めています!!!とりあえずジャニショに行ったら大西畑でも買い足そうかな!!!!

あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかねが、ない。

2weeks remaining

 

ぷるんです。

 

 

 

「最後のテレ東音楽祭」を皮切りに、スバラジ、ペコジャニ、ジャニ勉、クロニクル、MUSIC DAY、そして関ジャム。1つ1つ7人の関ジャニ∞の活動が終わっていきます。

 

 

だけどなんだかそれがすごく嬉しくて。すっきりしていて。

もちろんすばるくんが辞めることに関してはどの番組見てもボロボロ泣いてしまうぐらい寂しいし、なんでやめちゃうの!!って泣きわめきたくなることもまだあります。だけど、

 

こんなに卒業するメンバーからも、そしてこれからもグループとして走り続けるメンバーからも「ありがとう」と「大好き」と「寂しい」と「悲しい」を聞くことができるアイドルの卒業を、私は初めて体験しています。

 

 

例えて言うと部活の先輩の卒業みたいな。

アイドルでいうとモーニング娘。AKB48は似た体制ですが、私はどちらかというと世代交代型のアイドルよりも固定メンバー型のアイドルの推しが多いのです。

 

あまり大きい声では言えないですが、応援してきたアイドルからあまりにも切ない理由での卒業をたくさん告げられてきました。

「メンバーとうまくいってなかった」だったり、今までのアイドル活動を否定されたり、売り上げが伸びないから将来への不安を抱いて卒業を決めたり。

ちょっと特殊ではありますが、メンバー全員の卒業という名の解散をしたグループ…SMAPの時もそうでした。

 

あまりにもスパッと終わりすぎて。

いろんな都合があってファンは「今までありがとう」となかなか言わせてもらえないし、「これからも頑張ります!」って言葉では言っていても本心がどう思ってるかは分からなかったし。

 

だからすばるくんや6人が本音をありのまま届けてくれることや、それに対してeighterだけでなく沢山の関係者の方が「頑張れ!」って真っ直ぐに言えることがすごくすごく嬉しいのです。あんまり文章じゃうまく書けないけど…

 

こんなに綺麗なアイドルの卒業は、体験したことがありませんでした。

 

 

 

 

さて、泣いても笑っても「関ジャニ∞ 渋谷すばる」は残り2週間。

 

 

まだグラグラする感情は残っているけれど、ファンのことを誰よりも思って行動してくれる大好きな7人のラストまでしっかり目に焼き付けたいと思います。

 

 

 

 

おーわーりーまーす。

あ!

 

 

 

 

 

ワンラブ関ジャニ∞

 

 

ぷるんです。

 

 

 

 

 

先週木曜日、またクソ紙がクソみたいな記事書いてんな程度に受け流していた報道が。

昨日、クソニュース垂れ流してんなと横目に見ていたネットニュースが。本当になってしまうとはこれっぽっちも思っていなかった。

 

渋谷すばるジャニーズ事務所を退社する」

この1文だけは、どうしても信じる気にならなかった。

だって、すばるくんは関ジャニ∞のことが大好きだって、十分すぎるぐらい知っていたから。

 

 

 

 

 

 

 

そして今日、午前9時。

なぜか分からないけど無駄に早く起床してしまった私は昨日のクロニクルを見ていた。いつも通りのくしゃくしゃ笑顔のすばるくんを見て、胸の奥がツキンと痛んだのは、今思えば虫の知らせか何かだったのかもしれない。

 

 

怖いメールが来た、というツイートを見かけた。多分、そのメールが来た9時52分という時刻と、それからの1時間8分という長い時間は一生忘れることのない時間だろう。

 

 

 

 

 

 

 

声をあげて泣いた。

すばるくんが関ジャニ∞じゃなくなるという事実が信じられなくて、馬鹿みたいに何時間も何時間も泣き続けた。

 

「結局ネットニュース通りじゃん」なんてつぶやきも見かけた。あの、決して結果が全てなんじゃなくて。

 

一番はじめに本人から聞きたかったんじゃボケ!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

時間をかけて理解しようと頑張って、とにかく7人ともみんな関ジャニ∞のことが大好きなんだってことと、すばるくんはその大好きを上回るぐらい大きな夢を抱えてること。たくさんのことを考えた。

 

その時ファンクラブの文面と会見の動画、文章を何回も見直して、困ってしまった。

どれもこれも私の大好きないつも通りの関ジャニ∞すぎたからだ。

 

 

特に泣かされたのが大倉くんの言葉。ファンクラブの文もはじめのすばるくんの言葉からしばらく「信じられない」という気持ちで読んでいたけど、彼の文を読んだ瞬間に気持ちが私たちファンと同じなんだろうと思って、堰を切ったように泣いてしまった。

 

なんとかして引き止めたい、悲しい、寂しい、いかないで、ずっと関ジャニでいて。

それはどれもすばるくんの夢の足枷になってしまう私たちのエゴでしかないけど、正直な気持ちとしてはまだそこです。

日本ではできないの?関ジャニじゃ叶えられない夢なの?メンバーのこれからは、どうなると思ってるの?

全部聞きたかったことです。大倉くん、ありがとう。あなたのまっすぐな生き方、本当に尊敬します。

 

 

会見で泣いてくれた横山くん、

「いやや」「なんでや」と、聞いた時の正直な気持ちを言ってくれた村上くん、

「大好きすぎて何も言えなかった」と言ったマルちゃん、

可愛がってくれた先輩の決断を応援すると言った亮ちゃん、

会見に出ることもすばるくんが辞めることも心から嫌だったことを正直に言ってくれた大倉くん、

9日に負った怪我が未だ完治していないほど重症なのに、直前まで自分も出ると言っていた安田くん。

そして、最後まで「"関ジャニ∞"を脱退する」とは言わなかったすばるくん。

 

 

 

全部私の好きな関ジャニ∞です。

 

 

 

関ジャニ∞にすばるくんがいないということはとんでもない緊急事態だと私は思っています。

例えば一日ライブに出れないことになったとしても、今までなら大ごと。

しかしその緊急事態がこれから続くことになったとしても、6人でこの関ジャニ∞という道を歩き続ける決断をしてくれたことに心から感謝します。

 

 

 

でもごめんなさい、今は泣くのを許してください。

少しずつ前を向いていくことと、これからもずっと関ジャニ∞渋谷すばるのことが大好きなことは約束するから。

今はただ、11時から止まったままの私の心が動くよう、時間をください。

 

すばるくん、大好きです。

 

 

 

 

 

 

○自分用メモ、ざっと理解した今後のこと

  *渋谷すばる関ジャニ∞として出す円盤はベストアルバムのGR8ESTが最後である

  *ただしGR8ESTツアーには渋谷すばるは参加しない

  *ジャニーズ事務所を退社するのは12月31日に退社する(関ジャニ∞を辞めることについてはツアーの始まる7月まで・31日まで・未定など諸説あり)

  *レギュラー番組は収録の貯め撮りされている分もあるため継続して7月まで出演(これも諸説あり詳しくは不明)

  *ファンの前に立っての挨拶は今日の会見が最後の可能性が高い

 

 

 

 

 

V6 LIVE TOUR 2017 The ONESを見た


ぷるんです。


ついに今日3月14日は、あのDVDの発売日ですね。

そう、The ONESです!!!!!



久しぶりのV6の円盤。無事フラゲすることができました!





前週にはエイト、今週はV6。結果はともかく、テストを乗り越えてよかったなと心から思いました。(おい)


今回私が買ったのは初回限定版BのBlu-ray!!!
そう、これもV6運営、すなわちavexさんに感動した点。
初回がABと2種類ある上に、その2種類も更にDVDとBlu-rayで選ぶことができる……しかも値段が一緒……というこの素晴らしいシステム!!!!!
通常を入れるとなんと5形態となるわけですね。画質のよさをDVDと同価格で提供しているうえにBlu-rayの読み込めないご家庭のことまで考えてる………!!!どちらも素晴らしい………!!!!( ; ; )

…中身に入る前に運営にこんなに感謝してしまった。でも本当にありがとうございました。選ぶのも楽しかったです。



実は今回のツアー、私は1公演も入ることができませんでした。WOWOWでの先行放送はあったものの、実際のつなぎやめっちゃ見たかったGet Naked、The ONE等は初見だったので、夜なのにギャーギャー騒いでしまいました。ツイッターも荒らしました。ご近所の皆さん、フォロワーさん申し訳ありません…。

本当は一曲一曲うるさく良さを語りたいのですがそれはあまりに長くなるので今回はメンバーごとに!!!


*がっつりネタバレ入りますので、まだ見ていない方はご注意ください


☆坂本くん


やべぇ、この人…歌がうめぇ

なにを今更って感じですが、私自身がこの歳になってやっと歌って踊ることのキツさを知りまして。(カラオケで)
一番坂本くんやべぇってなったのは「Answer」です。

映像明けとはいえあんだけ激しいダンス踊った後に、なにあの高音。「That's my Answer」本当にやばい。
苦しそうな表情と、そんな中でも綺麗に突き抜ける声。かっこよすぎるだろ。いくつだと思ってんだ、46だぞ。すごすぎる。
「The Answer is in my mind」もカッコいい……ってあぁ、Answerだけで坂本くん語りが止まらない。


さっきも触れましたが当時46には見えないのがすごい。今考えてみれば結構若い時から「おじさん」と囃し立てられていたから「坂本くんといえばおじさん担当」みたいなイメージだったけど、そんなこと全然ない。見るたびにかっこよくなってる坂本くん。
「どうしてこんなに……みんなが可愛いんだろう〜〜〜!!」とかいっちゃう坂本くん。
あの〜…一生アイドルしてください



☆長野くん


なんといっても収録されているのは長野祭り当日の模様。みんなが長野くん大好きなんだなぁというのが今回のツアーは本編を見てもMCを見ても分かりました。←

すごく上から目線みたいになっちゃうかもしれないけど、長野くんはほんっっっとに歌唱力が高くなった。
15年のアニバコンも歌が上手になったと思っていたのですが、その2年前よりもまたさらに進化しててかなりビビりました………

博剛健ってなんか…こう、生歌の方が珍しい印象が強かったのです。そりゃ歌って踊るなんて死ぬほどきついし踊るだけでとっても大変なのは分かっているのですけど!!!
近年のコンサートでは生歌だし、それによってダンスのクオリティが落ちてることは全くないし。すごい成長すぎるわ長野くん。
TTTの経験もあるのかなぁと考えてみたり。しました。

あと全然関係ないけどsouzoの「なぜいい匂い〜」のとこの振り付けのおひろしが可愛くて大好きです。

あ!そうだそしてとりあえず6人でご飯に行ってやってくれ。
レアキャラ森田さんと坂本さんが来た時に限ってなぜ消えるのだ。岡田くんの長野ポイント使うから6人でご飯食べにいって〜〜〜〜()




☆イノッチ

V6のLIVE DVD見るたびに思うけど、イノッチって本当に「マルチに天才」ですわ。
歌もうまいダンスもうまい、トークもうまいしファンサもうまい。なんじゃこの天才は。

イノッチのパートはエモいところが多いと思っていたのですが多分違う、イノッチ自身がエモくしてんだ。いやもう本当「Are you ready?! Oh!!」のエモさったらないんだよ!!!かっこよすぎんだよ!!!!


そしてイノッチは…いや、イノッチだけじゃないかもだけど、なぜあれだけ踊った後にすぐ喋り出せるのか
呼吸を整えることなく普通にトークに移るからびっくりだよ。そしてそのすごさに今まで気づかなかった自分にびっくりだよ。


あと、なんといってもイノッチはその場の空気を読んだトークが本当に上手。
あんまりにも完璧すぎるとあれだから、たまにテキトーさを放り込んでくるところとか。みんなを楽しませるためにどう回すかという様子見が素晴らしくて、ああああイノッチ〜〜〜ってなります( ; ; )あなたがいるから今のV6はあるのよ( ; ; )

全編通してイノケン、眩しいぐらいに輝いてました。



☆剛くん

まぁうん。剛くんはね。
可愛いかっこいい好き大好き。

前からこの人も天才だ天才だとは思ってきたけど。言ってきたけど。森田剛さんは天才だわ。


ダンスの魅せ方がダントツで上手なのは変わらず安定していて、更に剛くんまで生歌に………!!!!!(感動の涙と拍手の嵐)
剛くんの声大好きなんだよな〜……「くずぅれてぇくドォミノォ」とかドツボなんだよなぁ。

その周辺でいうと私がこのために9000円出したといっても過言ではないぐらい期待してた「Get Naked」。あの曲はまっじっでやばかった……!!!
誰や自撮り棒導入したのは………!!!!あんな横になってるどエロい森田剛見たら死人が出るぞ!!!!!!!
その後の座ってのダンスもかっこよくてかっこよくてかっこよくて………カミセンの力おそるべしって感じでした…………。


そう、それでかっこいいのはもちろんなんだけど、トークでのキレもさすがだし(ぶどうでほっぺポコっとしたまま喋るの萌えた)、なんかすごい、すごい……アイドルしてる( ; ; )
あんまり剛くんが会場にマイク向けてるところとか見たことなかったし、ファンの皆さんに優しい目を向けてるのはなぜか私が嬉しくて泣きそうでした。剛くん大好き。


☆岡田くん

いい表情してました。スッキリした感じのいーい顔。
数年前の岡田くんからは考えられないような言動が目立つようになって、ファンの人からよく言われる(求められる?)ネタもよくやって、ワイワイきゃっきゃしてる可愛い末っ子感が堪らなかったです…!!!

だから私は、岡田くんがV6ファンのことを考えてないとかそんなことはきっと無いと思ってます。
色んな意見があるのは当然だし、ライブ当時私と同じように思ってたはずの岡田くんファンの人がV6から降りてるのもたくさん見てるし…。
うん、そういうのは悲しいことだけど、岡田くんはV6のこと好きだよ!!!!ってのはこの円盤を見ればよく分かるよ!!!!

岡田くんは本当に体幹がしっかりしすぎて、それに付随するみたいに歌も上手になりました(笑)by your sideの「物語は続く」は私の中でエモいソロパート大賞受賞してます。おめでとう。

ほんでひろしのこと好きすぎな!!!!!ひろしろひろし ひろしめればって10分ぐらいツボってたよ!!!!!

クシャ〜〜って笑い方が可愛くて、新しい岡田くんの時代がきたな〜って思います!!!!!これからも応援します、お互い頑張っていこうね!!!!
なんか上からになってしまうごめんなさい!!!!!( ; ; )



☆健くん


ラスボス。

とんでもないアイドルを自担にしてしまったと改めて自覚しました。


なにあのさいごの!!!!!!!「だからぁ〜…愛してるってば!!」からの投げキッスからのウインク!!!!!!!!!
ラーメン食べ終わった後カレー出されてそのまま天丼行こみたいなノリだよ!!!!!(?)

ひろしへのファンサもやばいし(持ってたタオル首にかけて顔に手を添えてからデコチュー)、もう天性のアイドルだわ。だめ。好き。



なんか歌についてばかりになってしまいますが………健くんほんっっっっっっっとに歌うまくなった!!!!!!!

今までコンサートで生歌なんてありえなかったし、綺麗な高音まで……ウッ……素晴らしき成長……( ; ; )
SPARKの「微笑みはいつも inside out」はお腹から声が出てるし、remember your loveの「そうあの音願ってるけど……」の儚く消えそうな声もたまらない…………ああああ……健ちゃんさん偉大なり………
remember〜に関してはさすがプロデュースしただけあって健くんのいいところがたくさん出てました。ダンスも綺麗だし。

あとは何回でも触れますが触れたけどGet Nakedがバリヤバイ。歌い出しから健くんにメロメロなのが秒でバレます。自撮りあざといし…………!!!!!かっこいい……!!!

曲中以外だと博誕ケーキ食いすぎ。可愛すぎ。
あとアンコールのファッションが好きすぎます。ガウチョあんなに似合う男性初めて見たようん。可愛い。

カミセンだけのトークの時も岡田くんと一緒に引っ掻き回してるの可愛いし…あれ、私可愛いって何回言った?

とにかくV6の太陽さんは本当に太陽さんでした。これからも照らしてください☀︎











正直ツアーの日程が発表されてからツアーが終わるまで、本当に沈んでました。行けない、っていう事実がショックすぎて。
でもこうやってライブの様子を見て、やっぱりV6に会いたい!!!って思いました。次6人に会えるのはきっとまた2年後。それでも絶対行ってみせます。今度こそ6人のライブに行きたいんだよ〜〜〜〜!!!





(ポイントシールってどうやって使えばいいの???長野ポイント貯蓄???笑)




今更私の俺節


ぷるんです。



先日部屋の雑誌棚をゴソゴソしておりましたら俺節のパンフレットからレポート用紙がはみ出てるのを発見しました。

…なにこれ?



まっっったく記憶になかったのですがどうやら観劇した日の夜に感想を書き殴ってたみたいで、読んだら俺節熱がガッと再加熱したのでなんとなく今更ながら俺節を振り返ってみたいと思います。






そもそもファンクラブに入った時には俺節の抽選は終了してしまっていたので死に物狂いで一般にかけているとなんと繋がりました。
一般において執念と怨念はたまに通じ(るはずと信じて)ます!!!イフオア当日券がんばろ!!!!


そんなこんなであっという間に来てしまった当日。
その日の学校はもう校則なんて気にしてる暇なく(完全にアウト)顔面を作り込んで赤坂ACTシアターへと光の速さで向かいました。

入場列かと思ってしばらく並んでた列が実はBLITZの方でやってた地下アイドルのライブ列だったということに気づいてダッシュで駆け上がるなどアクシデントはありつつも無事入場することができました。



ここからはもう正直ドキドキしすぎて若干記憶が飛んでたりするのですが、フッと暗くなった会場、と猛吹雪のプロジェクションマッピング。二階席から双眼鏡を覗くと………

あっ!!!いる!!!いるーー!!!!!!


けどここでハッとさせられたのは舞台の上いたのは違う人だったってこと、
"安田章大"はもうそこにいなくて。青森のあまり裕福でない高校生、海鹿耕治がそこにはいました。



…あとはレポート用紙に書いてあったり今も印象に残っていることをいくつか。(だいたい「お顔が可愛い」だったりする)


・スラスラ津軽弁を操る安田くん

…さっきそこにはコンズィがいたって書いたばっかりでこんなこと書き出すのはちょっとバカがバレるのですが、終わった後でふと思ったんです。"この人津軽弁で生きて来たわけじゃない"って。
しかも休演日には色んなところまで飛んでジャニ勉やクロニクルの収録。
掠れた声の彼から発せられる関西弁に違和感を感じて、本当に短い間でよくあそこまで習得できたなと思いました。


テレサとコージが可愛すぎる

レポート用紙、読んだけどだいたいこれ。

たとえば1幕の、テレサの店の裏へやって来てコージがテレサに"北国の春"を教えるシーン。
「ふるさとがかえろかな〜…」「ふるさとが、じゃなくてへ、だべ!!」みたいなセリフがキャッキャウフフしてて本当に可愛かった。

あとは付き合った後の2幕。オキナワと3人で2本のビールをどう分けるか、みたいなシーン。「おらたちは2人で一本〜♡」って言ってオキナワを呆れさせるバカップルっぷりが可愛い可愛い可愛い可愛い。()


・演歌

やばい、これ最初に書くべきだった?
お話の途中途中で、レベルの高すぎる演歌をたくさん聴かせてもらいました。
北国の春が劇中で何度も登場した大事な歌だったり、ポピュラーな演歌も多々登場した中で1番印象に残っているのが1幕終わりの「命くれない」。

みれん横丁の仲間やストリッパーのみなさんの協力でなんとかテレサと結ばれることができたコージが、みんなと歌う演歌なのですが…これがすごかった。コージの目、が。

ここでまた安田章大的表現を使って申し訳ないのですが(誰に)言うなれば象の例のパート並みの目でした。やばい血が騒いでる目。
そんな熱量のこもった歌でゆっくりと閉じた幕と、会場のまだ火照ったような雰囲気が忘れられません。




あと、2幕ラストあたりの星影のワルツ(だったかなぁ…情報がパンフしかなくて曖昧)も印象が強いです。ていうのも大好きなシーンがあったから。

アイドルのファンにブーイングを食らって、おどおどボソボソと歌を披露したコージ。
曲が終わって、オキナワが登場。オキナワに勇気付けられるも未だオドオドするコージの元に、なんとテレサの声が聞こえた…というシーン。


テレサに喝を入れられたコージがテレサと共鳴して、「あーーーーーーー!!!」「あーーーーーーー!!!」って全力で叫んで、それからテレサに「その声で!!もう一回歌って!!サンハイッ!!!!」

と言われたあとにあとに歌い出したコージの声がマジでやばかった

2幕後半は切ないシーンが多く、あまり魂のこもったコージの歌は聞けなかったぶん鳥肌が立ちました。このシーン、1番好きだったかも。



それともう一つ!これも2幕ラストで歌われる「俺節」。
ザーザー振りのステージ上で熱唱するその姿は、魂の奥底から叫ぶようでした。

そして私が見に行った6月8日夜公演は、アクシデントでなんとマイクが水没してしまったようです。
マイクにあまり音が拾われず、強い雨音に負けないように歌う声。最後の方はほぼ地声。それでも会場中に響き渡るぐらい力強い歌声に、熱い魂を感じました。(なんならこういう演出なのかと思ったぐらい)



あぁ、なんかこのシーン思い出すだけで熱出てきそう………



俺節歌唱シーン

大人に若手五人組アイドルグループ、ギャラプラ(?だっけ?)の前座で歌うコージに対してひどいブーイングや缶を投げつけるなどの行為をするそのファン。
そのシーンを見てなんとなく、何故だか申し訳なくなってしまった私。
私は決して自分の応援する人以外の歌手をぞんざいに扱わないし、これからもずっとそんなことはしたくないと思うけれど。
……実際こういうファンもいるんだよなぁ。なんだかわからないけれど申し訳なくなりました。



・海外の映画のような終わり方

私みたいなお子ちゃまにとって分かりやすいハッピーエンドがもしあるのだとしたら、テレサと結ばれ直して、オキナワとデビューもできて、、、っていうものだと思うけど、この世界ではそう簡単にハッピーエンドは訪れたりしません。

テレサは結局故郷へ強制送還されてしまった上、せっかくのデビューも今のままでは恐らく難しい。
……しかしみれん横丁へ帰ってきた"スター"、オキナワとコージを迎えた住民たちの目は最高に輝いていて、それを褒められたコージとオキナワは照れながらも嬉しそう。


明確なこれからの彼らのことは分からないけど、見た人それぞれの心の中にそれぞれの続きがあっていいんじゃないかな、と思います。





こんな感じかな〜〜〜〜〜〜アツいぜ、俺節………!!!!

最後にどうでもいいことを付け足すと、髪の毛が長めの役だったコージ君はとってもとっても可愛らしい見た目だったため、遠目で見て「かわい…!!!誰あの女の子!」と思って双眼鏡を構えてみたら自担だったということが何回かありました。ほんとに可愛かったんだよ。


あと懸念していた未成年1人で見るラブシーン。ちゅーがなかなか刺激的でしたがあのシーンもすごくいいシーンでした……プロジェクションマッピングが怖かったです。






もっっとどうでもいい話。高校を卒業して1990年に上京してきたコージは何年生まれなのか考えたところ、1972年生まれでした。
1972年生まれと聞いてだいたいパッと浮かぶ人が3人います(木中長)、、、

だからなんだって感じですけど、今もしコージが実在していたらだいたいあれぐらいの歳なんだなぁ、なんてぼんやり考えてみたりして。これはほんとに舞台となんの関係もないです(笑)気づいてホェェってなっただけです←





なんだか色々と揉めたりもしたようですが、どれもきっとみんな俺節という作品が好きだからこその行動や発言だったのだと思います。

ありがとう俺節!!!

俺節カンパニーは最高だ〜〜〜〜〜〜!!!!


村上信五さんの声が好きっていう話


ぷるんです。




みなさんは「好きな声」ってありますか?

私は歌声からその人を好きになることがよくあるのですが、まっすぐストレートで上手な人よりも少し癖のある声の人の方が注意して聞いてしまいます。もちろん上手な人も大好きですけどね!!!


V6だと剛くんの声が好きですし、SMAPは(個人的に慎吾くんが一番歌が上手いと生まれた時からずっと思っているけど)中居くんの声がとってもとっても好きです。


そして…関ジャニ∞はみんな歌声に個性がありますが……私は………


村上くんの声が好きだ!!!!



なんで好きとか、理由だとか、そういうのはパッと述べられないんですが、でもとにかく好きなんで、す、、、、(((

さっそく魅力的な村上くんの声を味わえるオススメのナンバーを紹介するよ☆




1.低音・中間域部門
大変音域が広い彼。バラードやミディアムテンポ等によく見られる低音も好きです。



モノグラム
「形はないのに確かな手触り 暖かい 守り抜きたい もしかしたらこれって…愛?」


初めて村上くんの声が好きだと思った歌です。
一番好きな「愛〜〜」のところの言い方はライブ映像よりCD音源の「ぅあい〜〜」の方が好きです…。。。はぁ最高……。

優しくも柔らかな声のおかげであたたかくて守り抜きたい愛についてスッと入ってくるような気がするのです。



ビースト!!
「昔卒業アルバムに描いた俺は『宇宙飛行士』 青いのはこの星か?俺のケツだったのか…?」


ここに関してはライブ映像も連動して優勝しますね。メガネクイッと無意識に見えるほどナチュラルなウインク、「ケツだったのかぁ…?」のしょんぼり具合、どれを取ってもアイドルとして素晴らしくてたいへんよくできましたハンコを押しまくりたい。(?)


You can see?
「勇敢な僕の この歌を君に捧ぐ 怖がらないで 傷つけたりしないから」


ゆきゃんしはもう全編にわたってマルヒナちゃんAll is 好き!!!なんですけど、サビの高音マルちゃん×低音ヒナちゃんというこの最高のコラボレーションで色気が止まらない…というね…

コンビ曲ということもあってソロパートがたくさんあります。もし村上くんの歌声に興味が出た方は是非一度聞いてみてください。村上信五の沼から二度と帰ってこれなくなります。


Baby Baby
「満月が見下ろす坂を下る 二人乗りの自転車はどこまでも行けたのさ」


高すぎず低すぎず、そんな音程でも声がなんだかよく通ります…。優しい声色もツボ。
聞いた瞬間完璧に情景が浮かんだし、満月+坂+二人乗りの自転車?ヒナちゃんと?なにそれ最高。乗せて。


泣かないで僕のミュージック
「運命の日だとわからないまま がむしゃらに走る僕をまだ笑うかい?」

歌い出しからこんなにキュートな声が聞こえてくるなんて…まぁ素敵…。
そう、泣かないで〜は当時には珍しく村上くんが歌い出しの曲なのです。レア。
こちらはモノグラムとは逆に、ニヒルに笑う姿がかっこいいのでライブ映像が好きです。


DO NA I
「踊らしたるわ必ず」「ほらいい顔してる」

私の自担が安田くんだということもありますが、ヒナヤスが手を組んだらおしまいです。最高すぎるからです。
ラスサビを初めて聞いたのは関ジャム(今考えたらとんでもない贅沢)なのですが、ヒナちゃんのソロ(100点)に安田くんの「ハァ〜〜〜アァァ〜〜」(100点)。さらにとどめを刺すようにものすごいえっちぃ声で「ほらいい顔してる」だと?????
今だから言えますがテレビの前で卒倒しました。

ちなみにDO NA Iは今手元で聞ける範囲だと4つ(CD・関ジャム・CDTV・Songs of Tokyo)ありますね。今までダントツで関ジャムの「ほらいい顔してる」が好きだったのですが、先日のSongs of Tokyoの7人のビジュアルや生歌かどうか、振りや衣装などを加点していったところ逆転優勝いたしましたことをこの場をお借りして報告させていただきます。おめでとうございます。



Street Blues
「紅く紅く染まる頬に 高鳴る鼓動と本能 飲み干しちゃえばいい」

私のツボに刺さったのは
紅く紅く…と高鳴る…、飲み干しちゃえば〜…
って全部ヤベェ

DO NA Iと似たようで似ていない発声の仕方。掠れたようなその声が本当にいい味を出していて…うぅ……好"ぎぃ〜〜〜………





2.高音部門
ヒナちゃんの力強く真っ直ぐな高音!!お腹から気持ちよく出ているのが大好きです!!


All is well
「何気ない毎日がカタチに成ってゆく 小さな幸せ両手に」

え?このパート地球上の生物みんな好きでしょ?
バラードだから控えめに、でも高いからちょっと苦しそうな、結果的に上品になってる。そんな感じ。素敵。歌詞も綺麗。素敵。


ER2
「革命家を欲しては出る杭をガツガツ打つのが世の常」

サビが終わってちょっと落ち着いた瞬間を引き裂くように入る「革命家を」のパンチが決まってます。
2よりERの方が好きだと思ってたんですけど、もうこのパートがあるってだけでちょっと揺らぐぐらいヒナ様の声が好きだ。



ナントカナルサ
「ワン、ツー、サンで なんとかなる」「嫌なことや辛いことや、エトセトラあるけれど ずっと続くわけじゃないさ、長い目で見てみてよ」

辛いことがあった時、騙されたと思ってナントカナルサを聞いてみてほしい。ほんとに。
めっっっっっちゃ元気出るから。
なるとかなるさ、っていうメッセージをストレートに伝えるその声が歌い出しにピッタリ。

2番Bメロの「あるけれ!ど!」の「れ!」が大好物です。







…と、まだまだあるけど私が特に好きなむあかみくんのソロは以上です。
もし「おいこれもあるだろ!!!!最高だよ!!!!」というヒナソロがありましたら心よりコメントお待ちしております。

年末がやってきて推し事(おしごと)の大切さを学んだ

ぷるんです。



わたくし女の子アイドルもたくさん推しておりまして、昨日12月30日はずっと応援していた地下アイドルの活動休止、兼その中でも推しだったメンバーの卒業ライブでした。




約4年間、中学生の時からずっと応援してきた女の子達が美しく散っていきました。
こんなこと本人たちの前では絶対言えなかったけど、「活動休止」なんて事実上の解散という形を取られたのはたった一つの理由で。

売れなかったから。いや、事務所に売り出してもらえなかったから。



メンバーの入れ替わりが激しくて、メンバーが抜けたり新しく入ったりするたびに不安になりつつも応援し続けたオタクのみなさんは本当に優しい方ばかりでした。
昨日も久しぶりにライブに行った私たちにたくさんブロマイドを譲ってくださって、300枚ぐらい写真が増えました(笑)


そんなアイドルが、会社のせいで、大人の都合で、卒業したいと思わざるを得ない状況になってしまったり、解散せざるを得ない状況に……






…………ん?ちょっとまって?



あれ、私去年もこんなこと思ってた。




いやーなんか去年も12月入ってからボロボロボロボロ泣いてたなぁと思ったら!!!!
某Sのつく五人組の皆さん!!!お元気ですか!!!




そうそうそう、それで要するに何が言いたいのかというと。



推しが1番輝いてるのは今しかない


ということだ!!!!




最近だとじゅんじゅん(歌広場くん)が

「いつまでも いると思うな 親と推し

という名言を残されてますがほんとにその通り。
私も実際に「推しを失う」という体験をしなかったらその言葉の重みが分からなかったかもしれないけど、ほんとにほんとに、貴方の推しが輝いてるのはいつでもない今!!!!



SMAPだって、つい2年前まで56枚目のシングルはごろーちゃんセンターだねなんてラジオで言ってた。当たり前に続いていく未来を匂わせてた。
前述のアイドルだって、1年前まではメンバー変動もないまま、呑気に生誕ライブなんてやっていた。

いつ推しが消えるのか分からない時代になってしまったのだ。



これは考えすぎだと言われるかもしれないが、推しだけじゃなく私もいつ死ぬか分からない。
いつ大怪我をして2度とライブに行けなくなるか分からない。


お金も確かに大切だけど、払ったお金は稼いで戻ってきても

ツアーや舞台は帰ってこない!!!





…というクソオタクみたいなことを提唱してしまったが、本当に、もう、どんな推しも失いたくないのが、本音、です_(´ཀ`」 ∠)_





みなさんも後悔のないオタクライフを!!!

そして良いお年を!!!

11時45分からはチャンネルを8に変えるんだぜ!!!!!!!!






(追記)(BGM:愛でした。)

2016年末、中居さんのラジオで号泣していた時に救ってくれたのはカウコンで美味しそうな太ももをさらけ出す自担と、普段全く絡まないV6が歌ってくれた前向きスクリーム!でした。

そして今年も、ライブから号泣しながら帰ってきた私を救ってくれたのは関ジャニ∞からの会報の、弾けるような笑顔でした。


推し増しに反対する人もいると思うけど、こういう時に私は励ましてくれる何かがないと死んでしまう………
アイドル、ミンナアリガトウ……